本文へスキップ

技術に裏付けさた納得の正しいカウンセリングを、手頃な価格でご提供!! (カウンセリング、ストレス研修、グループカウンセリング)

カウンセリング 各種研修
ご予約・お問い合わせは
 simon@ts-united.com

TEL.080-1145-4954

成長の軌跡 STORY6

善意のメッセージ

みんなが復興を願っている。

私は、カウンセラーだ。この震災で側に話を聞いてもらう人がいなくなったり、つらい気持ちになった人の話を聞くことにした。登録している組織にもその旨、協力することにした。

善意のメッセージを考える。

スーパーで、空っぽになった棚に、「震災被災地に優先的に商品を届けているので、入荷はしばらくお待ちください。」と書かれている。このメッセージは善意が伝わる。

スーパーで、「東関東震災の影響で商品が品薄になっております。入荷はしばらくお待ちください。」、同じことをしているかもしれないが、震災を悪者にしてどうなるというのか?善意が伝わらない。

公営賭博場、アミューズメント施設、遊技場、映画館において、東京電力管内、東北電力管内において、営業自粛している。もっと生命に近い活動に電気の優先順位を譲る。善意が伝わる。

一部の換金可能な遊技場は、電気を介してビジネスをせざるを得ない。悲しいことであるが、彼らはかなり辛い思いをしながら、現在営業を続けざるを得ない。善意に限界があるのが心苦しい。

野球の開催が復興支援になると、関東地区で野球を開催しようとした。電気を命の問題に優先的に使うことが大事だということを教えられないかわいそうな人がいる。善意はあったが伝わらなかった。

現地にてボランティアに従事されている方、ちゃんと手続きを踏んで、役割を分担されて活動をされている方。その善意は確実に伝わっている。

ポッケに入った大事な硬貨や、自分の生活の大きな経済を投じて復興を祈る。善意は伝わる。

自分だけが生き残っていることを責める、生きる運命を託された方。
あなたの善意と悲鳴と涙は選ばれなかった方に伝わっている。最後まで生きろと言われている。

物資が届かない所の存在を訴えてくれる報道機関、現地に向かう記者の方、善意は伝わる。助かった。

落ち着きを取り戻した避難場所で、ひと時の安らぎを感じている子供たちに、
思い出させ、涙を流させる報道記者。同情を生むが、善意が伝わらない。もう、子供は泣かなくていい。

今も暴れている小さな太陽に、命の危機を覚悟しながら戦っている方々。善意が伝わる。敬礼する。

沢山の善意に今、この国は満ちている。
伝え方がぎこちなかったり、伝わりつらかったり、誤解されたり、苦労するかもしれない。
あきらめないで、伝わるまで、やり方を変えてがんばればいいのだ。
善意が伝わらなくて悔しい思いをしている方。その行為は無駄ではない。
伝わらないことを嘆いてはいけない、何が伝わるかを考えていこう。
伝わるように行動を変えていこう。
生命の問題、避難場所の物資の問題、心の問題、経済の問題、そして長く続く生活の問題。
徐々に、伝わりやすいものも変わってくる。
善意を持ちつづけると、必ず伝わる。。。みんなが、みんなにありがとう。

目次へ戻る